ライフプラン

住宅・教育・老後にかかるお金

人生の三大資金、つまり人生の中で一番お金がかかるベスト3と言われている住宅資金・教育資金・老後資金については、お金の流れを家計全体で考えながら、計画したり見直したりすることが大切です。
なぜかというと、1つずつ個別に考えていると、お金が足りるのか足りないか、分からなくなってしまうからです。例えば、住宅ローンを組む時には、金融機関がローン返済シュミレーションをしてくれますけれども、それだけを見ていても、毎月の返済額は、子どもの教育費の負担が重くなる時期にも、無理なく返済を続けていくことができる金額なのか、あるいは返済期間が定年後にくい込んでも、老後の生活設計に支障はないのか、ということまではわからないですよね。
それから、三大資金については、住宅ローンの目処がついてから自分の老後の準備を始めるとか、子どもが一人立ちしてから自分の老後の準備を始めるというように、1つ1つを個別に片づけていくのではなく、自分の定年時期や老後の収入も見定めながら、並行して計画的に準備するようにしましょう。

キャッシュフロー表の作り方

キャッシュフロー表というのは、家計の収入と支出を長期的に試算する、いわば家計の収支計画書で、家計のお金の流れを、総合的かつ中長期的に把握することができます。
もちろん人生はなかなか計画通りにはすすみませんから、途中で見直しをすることも大切ですけれども、キャシュフロー表を作るメリットは、物事を実行に移す前に、それが家計全体に与える影響を、いろいろな角度からシュミレーションできるということです。
お金の流れを一覧表にすれば、どこに問題点があるのか、どこを見直せばよいのかが、見えてきます。
作り方は、まずは家計全体の本当の収入と、収入から払っている税金や社会保険料について把握すること、次に支出は、現在のライフスタイルをもとにまずは月単位で把握し、さらに、将来のライフイベントやかかるお金を、どんどん折り込んでいきます。
あわせて、住宅ローンや生命保険のようにずっとお金を払い続けるものは、いつまで払うのか、全部でいくら払うのか、そしてそれが将来にわたり、家計にどのような影響を与えるのか、長い目で考え、見定めておくことも大切です。
こちらのキャッシュフロー表は、統計データに基づくサラリーマンの平均的な収入と支出をもとにして、住宅の取得価格や借入金額が、ライフプランにどのように影響するのかを、シュミレーションしたものです。

下図をこちらのPDFファイルで拡大してご覧頂けます。